ダイエット食事に重要な、食事の最悪な組み合わせ

食べ方や食べ合わせについて

ダイエット食事には、「食べ物」についてと同様に「食べ方」を問題にする必要があります。
脂肪からとるカロリーが、日本人の場合、現在とほぼ同じ25パーセントになったのは、今から二十年ほど前のことですが、肥満が問題となり、ダイエット食事という考え方が認知され始めたのもこの頃からです。
アメリカはカロリーの40パーセントを脂肪からとっているので、大変な肥満を多発する国になっています。脂肪こそ肥満の重要な原因です。
アメリカ人は、ごはん料理でも「パターごはん」にするというように、高脂肪食化を進めています。たとえば、ビーフの照り焼きとアスパラガスに白いごはんをバター妙めしたり、ワイルドライスという黒いおコメをバターごはんにするというように、大変な高脂肪食にしてごはんの料理をつくってしまいます。
その上、こういうものを食べた後に、甘いもので締めるという食べ方に非常に問題があります。洋風の食事というのは必ず、脂を食べた後に砂糖締めするという格好で完結することになっています。
脂肪と砂糖をドッキングさせてとるのが、洋風の食生活の特徴です。また、甘味そのものをみても和風の甘味の場合、ようかんのようにでんぷんと砂糖でつくられているのが一般的で、脂肪は入っていません。しかし洋菓子になると、必ずバターやクリームが加わります。もう一つ砂糖と脂肪が同時に口に入る食べ方として、若者の食習慣にピザとか、ハンバーガーとか、ブライドポテトのような、脂肪をたくさんもっている食べ物を、砂糖の入ったソフトドリンクと食べ合わせるという食べ方があります。
こういう食べ方は、若者に限らず、現代風の食事に頻繁に見られます。脂肪と砂糖を一緒に食べる食べ方は、パチンコ台でいえば脂肪組織のチューリップを開けっ放しにしながら、パチンコ玉を打ち込むようなものです。すなわち、甘いものを食べるとインシュリンが分泌されてきます。インシュリンは、血中の脂肪を脂肪組織に取り込む酵素を特異的に刺激して、このチューリップを開けてしまいます。これが甘い物が作り出す条件で、それに合わせて中性脂肪をとると、血中にパチンコ玉(脂肪球)がどんどん打ち込まれて、それがチューリップの開いている脂肪組織に効率よく飛び込んでたまってしまうのです。ダイエット食事は食べ方や食べ合わせについても大変に重要なポイントです。

リンクパワー順のサイト掲載

当サイトへのリンクが実際に登録されるページのページランクが2以下のサイト様は申し訳ございませんが削除させていただきます。

1.ページランクの高いサイトが上
2.同じランク同士ではページ内の発リンク数の少ないサイトが上 ( 先着順 )
3.発リンク数が上位ランクサイトの6分の1未満のときは順位が上になります

最も順位の高いサイトはに、続きは順次各サイト集に掲載されます。
なお、このサイト集では全てのページの発リンク数を100以内に設定しています。

このサイト集への掲載

このサイトにリンクしていただいたページランク 4 以上、発リンク数 80 以内のサイトは新規登録フォームで登録すると即時に掲載されます。

ページランクと発リンク数チェックツール

 

登録サイトのデータ更新と検索

 

新着サイト

サ イ ト 名P Rリンク
1千葉 空き家管理サービス 

トップページ紹介サイト

サ イ ト 名P Rリンク
1自動車保険 10

この続きは ダイエット食事 グループ 1 で紹介しています。

サイト集メニュー

サイドバー

ダイエット食事

Copyright (C) ダイエット食事 All Rights Reserved.